1. HOME
  2. About us
  3. Message

About us

会社案内

私はこれまでスタンフォード大学で9年間、バイオメディカルインプラントの研究を行ってきました。
心臓のペースメーカーを世界最小レベルまで小型化し、実際に動物の心臓内に入れ、体外から体内への給電などを行いました。

当社の強みとしている、長距離ワイヤレス給電技術は、スタンフォード大学における研究内容を空間で行っているものです。
体内深部への給電を、空間で行うと10m以上の給電が可能となります。

当社は、これまで長年行ってきたバイオメディカル領域の技術を商用にも応用を行っています。

今後デジタルトランスフォーメーションにより、あらゆるアナログデータをデジタル化する必要がありますが
爆発的に増えるセンサーはワイヤレス給電技術により完全コードレス化する社会的な課題があります。

当社は上記のような課題と、本流であるバイオメディカル領域におけるインプラントデバイスの開発における社会課題の解決を目指します。

I have been studying biomedical implants at Stanford University for nine years.
We reduced the size of the cardiac pacemaker to the smallest level in the world, put it inside the heart of an animal, and supplied power from outside the body to inside the body.
Our strength is long-distance wireless power supply technology, which is the research content of Stanford University conducted in space.
If power is supplied to the deep part of the body in space, it will be possible to supply power of 10 m or more. We are also applying the technology in the biomedical field that we have been doing for many years to commercial use. In the future, it will be necessary to digitize all analog data by digital transformation.
The explosive increase in sensors has a social issue of becoming completely cordless due to wireless power supply technology. We aim to solve the above issues and social issues in the development of implant devices in the mainstream biomedical field.