Research and Development

AirPlug[空間伝送型ワイヤレス給電技術]

当社のワイヤレス給電技術は、メディカルインプラントデバイスと呼ばれる身体に埋め込む医療機器への給電技術として開発されました。当社の要素技術は、「身体の動きを伴い」また「誘電損失が非常に高い」過酷な環境下において体外から身体深部へ確実に電力を届けるために開発されたものです。


心臓の深部にマイクロ波により、電力伝送を実現することは、空間内における15m~20mを意味します。他社の追随を許さないレベルで遠距離に給電できるのは、このような基礎技術を保持しているからとなります。

同じ条件下でのテストにより、従来技術の10~20倍程度の電力電送効率と20mの電送到達距離を実現しています。我々はメディカルだけでなく産業用、IOTなど様々な場面で使用可能な技術として顧客にソリューション提供致します。


データ通信は5G世代、一方ワイヤレス給電は1Gに留まっています。パートナー企業様と一緒に進化させるべく、そして6G社会へ向けて配線のない世界を実現させるべく、活動して参ります。