1. HOME
  2. 事業案内
  3. Biomedical Technology
  4. Advanced medicine
  5. BMI

Biomedical Technology

Advanced medicine

BMI

Brain Machine Interface

当社バックグラウンドとなる研究室では、脳内に小型チップを入れることにより、人体の拡張研究を行っています。

例えば、アルツハイマー病は、脳の「短期記憶」から「長期記憶」領域へ情報が伝達しにくくなる病気ですが、我々はその仕組みの一部を解明し、脳内に小型チップを入れることで、解決を目指しています。

具体的には、短期記憶からシナプスを通じ伝達された情報を、チップが一時的に保持し、適切なタイミングで長期記憶域に伝達するシステムです。

このデバイスをインターネットと接続することで、将来的には必要な情報を脳内に直接インプットすることが可能になります。

この概念は、究極的なデジタルトランスフォーメーションでです。人間が知覚する全ての情報は脳内での「情報」であり、次のスマートフォンとして世界中から注目されています。

Brain Machine Interface

In our background laboratory, we are conducting expansion research on the human body by inserting a small chip into the brain.

For example, Alzheimer’s disease is a disease in which it is difficult to transmit information from the “short-term memory” to the “long-term memory” area of ​​the brain.
We understand a part of the mechanism and aim to solve it by putting a small chip in the brain.

Specifically, it is a system in which the chip temporarily holds information transmitted from short-term memory through synapses and transmits it to long-term storage at an appropriate timing.

By connecting this device to the Internet, we can achieve a new era of replacing smartphones in the future.