1. HOME
  2. 事業案内
  3. Factory Automation
  4. Robot
  5. NEDO(Robot hand)

Factory Automation

Robot

NEDO(Robot hand)

NEDO採択 次世代ロボットハンド用センサー

工場や物流倉庫で使用されるロボットハンド先端には、様々なセンサーを搭載したいニーズがある。

特に物流倉庫では、深刻な人員不足から、倉庫内作業の全面自動化が求められている。

姿形の異なるモノのピッキングは、カメラやAIを駆使しても解決せず、単純作業にも関わらず、多くの人が投入されている。

ロボットハンドにセンサーを搭載することで、人の代わりとなるロボットが作業を行うことが可能だが、稼働部のため配線が難しく、配線できたとしても、すぐに断線してしまうため、センサー搭載のロボットハンドは実現していない。

Aeterlinkは、上記の課題に対し、ロボットハンド先端部のセンサーを完全ワイヤレスで稼働させ、リアルタイムデータ通信を可能とする。

NEDO adopted Next-generation robot hand sensor

There is a need to mount various sensors on the tip of the robot hand used in factories and distribution warehouses.

Especially in distribution warehouses, due to a serious shortage of personnel, full automation of work in the warehouse is required.

Picking of objects with different shapes cannot be solved by making full use of cameras and AI, and despite simple work, many people have been put in.

By mounting a sensor on the robot hand, it is possible for a robot that replaces a person to perform the work.
Wiring is difficult because it is a moving part, or disconnection is likely to occur, and as of today, a robot hand equipped with a sensor has not been realized.

Aeterlink solves the above problems by operating the sensor at the tip of the robot hand completely wirelessly, enabling real-time data communication.